天使の休息です。

お酒って意外とおいしいのね……。
エンジェルはワルツを踊りながら胸の内でつぶやいた。
ここは仮面舞踏会の会場。
ダンスの相手は知り合ったばかりの男性。
本当ならレディが来るような場所ではないけれど、ちょっと夜の世界を覗いてみたくなったのだ。
相手の男性に誘われるまま外へ出て、ほてった顔を冷ましているうち、気がつくとエンジェルは花が咲きこぼれる温室にいた。
世間知らずの彼女はちっとも気づいていなかった――男性がその花のような唇にキスしたいと思っていることに。
アシュトン城の城主サースタン卿は思い悩んでいた。
娘のベアトリスが修道院に行くと言ってきかないのだ。
少女の頃から人を愛することを怖れ、特に母親を亡くしてからはいっそう心を閉ざすようになった。
卿はじきにウェールズとの戦争に出陣しなければならず、娘をひとり城に置いていくのも忍びない。
そこで大勢の護衛をつけて修道院へ送り出すことにした。
一行のなかに若き騎士レミー・セントレジャーが加わっていたのは運命だったのだろう、誰にとっても思いがけない旅になったのだから。
ルーシーは二年間ボスのピーターに憧れてきたが、彼はいっこうに気づく様子もなく、いつも美女たちを連れ歩いている。
あきらめかけていたある日、パーティに同行してくれとピーターに頼まれ、彼女の心は躍った。
もしかして二人の関係が変わるのかもしれない……。
とびきりおしゃれをして出かけたルーシーの願いは、思いもよらない形でかなえられた。
停電したエレベーターに二人きりで閉じこめられたのだ。
ルーシーは勇気を出して、彼に口づけをした。
アンジェリカは早くに両親を亡くし、懸命に弟を育ててきた。
その唯一の家族まで失った彼女に泣く肩を貸したのは、弟の会社の重役、ライリー・フォーチュンだった。
ある夜、彼女は慰められるままに彼とベッドをともにしてしまう。
翌朝目覚めると、ライリーは跡形もなく消え去っていた――彼女のおなかに命を残して。
ところが三カ月後、それまで連絡一つよこさなかった彼が、アンジェリカの仕事場へ突然やってきて、驚くべき申し出をした。
「僕たちは結婚しなければならない。
できるだけ早く」ヒーラは砂漠の王国の豪商の娘。
厳格な父親の支配のもと、自由を奪われて生きてきた。
父親にとっては美しい娘も商売の道具の一つにすぎない。
ヒーラは結婚相手までも父親によって決められ、交際の期間もないまま、結婚式の日を迎えることになった。
愛をささやかれることも、夢を語り合うこともなく。
バルコニーから月明かりの庭にいる彼を見たことがあっただけ。
花婿はアメリカ人ビジネスマン、マーク・ボルドー。
彼の鋭い目の光に、ヒーラはなぜか熱いおののきを覚えていた。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60011749

Navigation :

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース