アンコール踏査行について考えよう

1873年、第2回カンボジア遺跡探検隊長として沿岸の諸遺跡、住民の風俗、口碑伝説などを調査、ついにアンコール遺跡に到達したドラポルトの紀行文。
アンコールに関する古典的名著。
チンギス・カンの生涯の記述で、高度の文学性と史料性をもつ東洋史上屈指の古典『元朝秘史』のモンゴル語原典新訳。
那珂通世の『成吉思汗実録』をはじめ東西の研究を結集し注解を付した画期的訳業。
布教の情熱に燃え、東海の果て日本へ渡来した宣教師たち、迎えるは織田信長や戦国群雄と庶民。
ザビエルの渡日をめぐって描かれる編年体のドラマは凄絶な日本及び日本キリシタンの歴史。
中国4000年の王朝を崩壊させ、初めて共和国を樹立した辛亥革命。
その生々しい現実を、フランスの社会学者ファルジュネルが現地を訪れて著したルポルタージュ。
本邦初訳。
幕末に来日、横浜で「ジャパン・ヘラルド」をはじめ新聞事業を次々に手がけたイギリス人記者ブラックによる幕末・維新の記録。
横浜と江戸を中心に、近代化への夜明けを迎えた若い日本を描く。
第2巻は、1864年(元治元年)、馬関戦争のための英国軍の到着から、1868年(慶応4年)初頭、新政府樹立直後まで。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60002662

Navigation :

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース