マドリードの公爵です。

スペインの大学に通い始めたジョージアナは、名づけ親の息子フアン・モンサントの屋敷で世話になることになった。
彼は公爵の称号を持つ尊大な独裁者で、何かにつけてジョージアナに干渉してくる。
十九歳なのに子供扱いされ、彼への反発心は募るばかりだ。
その一方、フアンはまるでジョージアナを誘惑するような行動をとる。
じっとこちらを見つめる目、魅惑的な笑み、そして、キス。
いったいフアンは何を考えているの?もうすぐ彼は、良家の女性と結婚するというのに……。
パーティ会場で、クリスティーナは信じられぬ思いで元恋人アントンを見つめた。
三百年続く一族の血を、あなたの血でけがされたくないの§Z年前、彼に浴びせた辛辣な言葉が脳裏によみがえる。
愛しているからこそ、彼に別れを告げたつらい記憶が……。
アントンは今や世界的に有名な銀行の頭取で、クリスティーナが経済的苦境にあることもすでに知っているらしい。
「楽しかったあのころを再現しようじゃないか」復讐に燃える目でそう告げられ、クリスティーナは凍りついた。
ギリシアの島に娘とともに降り立ったヘレンは、迎えに現れた人物を見て息をのんだ。
ミロス・ステファニデス!十七歳だったわたしを誘惑した男。
身ごもっても、彼に知らせることはできなかった。
妻のいる身だと、偶然知ってしまったから。
ここに来たのは、父と和解するためで、ミロスに会うつもりなどなかったのに。
昔よりいっそう男らしさを増した彼を見て胸を高鳴らせてしまう自分に、ヘレンは言い聞かせた。
不実な男に、娘の出生の秘密を知られるわけにはいかないのよ。
たった四週間で、ウエディングドレスを作れですって?ミラノのファッションサロンで働く新進デザイナーのサファイアは、ジェバイ王国のシーク、ハリドに半ば命令のように依頼された。
しかも、彼の国で完成させなければならないと言うので、サファイアは腑に落ちないままジェバイへ飛んだ。
だが、いつまでたってもウエディングドレスの主である花嫁を紹介してもらえない。
あまりに奇妙だと思い始めた矢先、彼女は驚愕の事実を知る。
結婚相手紹介会社〈求む、妻〉を営むナタリーのもとに、ある日、新しい客が訪れた。
会社経営者なのに兵士のように見えるその男性マイクは、一カ月後には結婚していたいという。
仕事に必要な便宜上の結婚であり、すぐに離婚するつもりだとも。
ナタリーは断ったが、マイクは、花嫁への報酬として二百万ドルを提示してきた。
そんな大金があったら、両親の借金を返済してあげられるのに……。
ナタリーは、自分でも信じられないことを口走っていた。
「わたしではどうかしら?」続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60013500

Navigation :

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース