落語人物事典(上)ってなにー

江戸時代から今日に至るまで、笑いの芸術として私たちの生活を楽しませ、庶民的共感に支えられてきた落語も、社会的生活の変化の中で歴史と伝統をいかに継承するのか、様々の試みがなされている。
本書は、落語をより親しみ深く味わうために約500余篇の落語に登場する290余名の実在人物と780余名の架空人名を取り上げ、それぞれに短い解説、逸話を付し、更に今日分りにくい風俗、習慣等を解説、演題を添え収録した画期的事典であり、落語愛好家必読の書として編まれた。
希望を胸に、身一つで京都から江戸へくだった豆腐職人の永吉。
己の技量一筋に生きる永吉と、それを支えるおふみはやがて夫婦となった。
固く大きい江戸の豆腐と、やわらかで小さい京風の豆腐。
好みの違いに悩みながらも、二人で精を出し、周囲に助けられ、ついに表通りに店を構える。
その一方、家族にはだんだん気持ちのすれ違いが大きくなっていた。
商売を引き継いだ三人の子らまで、豆腐屋二代の機微を描いた、第126回直木賞受賞の傑作人情時代小説。
オルガ・オルブライトは12歳で大学へ入ったクールな天才美少年だが、なぜか“トラブル・マスター”の異名を持っている。
解剖実習用の死体洗いのバイトをしている医学部のマリオンは、「ここ2ヶ月の間に2体の死体が盗まれた」のだと困り果てて、相談を持ちかけてきた。
彼女のトラブルを引き受けることにしたオルガと弟のスパージ。
動物愛護を唱える政治家サー・ジョンが主宰する「美食の会」に疑惑の目を向けた、オルガたちの行く手に待ち構えていたのは――…!?「ゴワゴワの直毛 一重まぶたの三白眼 低い鼻 への字に曲がったでかい口」のシンバッド。
どう見てもアラビア人らしからぬ自らの容姿に疑問を抱き、その出生を探る旅に出る。
時を見通す“マールートの瞳”と空間を見通す“ハールートの涙”という2つの魔法の水晶球を手に入れ、過去を明らかにしようとするが、その前に魔術師ラアスが立ちはだかる。
占い師の美女ジャリスとルールーの2人を従え、シンバッドの波乱万丈の航海が幕を開ける!“マールートの瞳”を奪った魔術師ラアスの行き先は、聖なる場所。
そこには、もう一つの魔法の水晶球“ハールートの涙”が眠るといわれる。
ラアスは、空間を見通すハールートも手に入れ、時を見通すマールートと合わせて、世界を手中に治めようと画策していた。
自分の出生の秘密を知るためには二つの水晶球が不可欠なシンバッドは、マールートを取り戻し、ハールートを手に入れるために一人ラアスのアジトである「海洋宮」に乗りこむのだが…。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60009228

Navigation :

【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース